見出し画像

LINE MUSIC 部が「lol-エルオーエル-」にインタビュー☆


LINE MUSIC では⾼校⽣を中⼼にティーンのリアルな意⾒を交換したり⾳楽が好きな仲間たちと活動を⾏う「LINE MUSIC部」を結成しています🎀

今回、LINE MUSIC部は男女混成ダンス&ヴォーカルグループ "lol-エルオーエル-" をインタビューすることになりました。JK たちのインタビューの様⼦をレポートします🗣️🎤


インタビューに挑戦してくれたのは高校二年生のゆうはちゃん、れんちゃん、ほたるちゃん、ななみちゃん、らなちゃん。
同級生5人で大好きなアーティストへインタビューしてきたよ♥




アーティストになろうとおもったきっかけ、職業について

れんちゃん:アーティストになろうと思ったきっかけは何ですか?

mocaさん:元々歌うことが大好きで、小学校二年生のときにエイベックスアカデミーの大阪校に入って、そこから本格的にダンスもやり初めて、校長先生から「みんなのお手本となるようにこれから頑張っていきなさい」と言われて、そこからスイッチが入って『私はアーティストになるんだ』という思いになりました。

画像1



hibikiさん : hibikiは「人に愛されたかったから」です。ほんとにそれだけです。(笑)

画像2



佐藤友祐さん:人前に立つこと、人に憧れられることが好きで、芸能人になりたかったです。そのときに憧れていたアーティストがエイベックスのアーティストで、エイベックスに入りたいと思いました。

画像3



honokaさん:単純にダンスするのが好きで、私も人前に立つ楽しさが自分の中にあったので、普通に就職するよりも目立ちたいな!みたいな感じです。

画像4



小見山直人さん:僕はプロ野球選手を目指していたんですけど、肘を壊してしまって、野球をできなくなってしまったんです。悩んでいたときに、ダンスの映像見てダンスかっこいいなってなって、どうせやるならプロ目指したいなとなりました。自分も夢とか元気を与えるアーティストになりたいなと思っています。

画像5


ななみちゃん:もしlolのメンバーになっていなかったら何になっていたと思いますか?

mocaさん:わたしはアナウンサーになりたかったです!

hibikiさん:hibikiもアナウンサーと、チアドラ(笑)

honokaさん:なにそれ!?(笑)

hibikiさん:中日ドラゴンズの試合前と休憩時間にチアダンスするグループ。(笑)

佐藤友祐さん:ぼくは美容師ですかね。

honokaさん:わたしはイルカを育てる人!

小見山直人さん:ダンスの先生になりたかったです。


(ここからは男女混合のグループならでは、の質問を伺います☆👫)





メンバー間での喧嘩、秘密、ルールは?

らなちゃん:メンバー全員で遊んだりご飯に行ったりしますか?

mocaさん:最近はみんなでMV撮影終わりに焼き肉に行った!

佐藤友祐さん:ツアーの時期のほうがみんなでいることが多いかな。

hibikiさん:毎日会ってるからわざわざ集まろうとはならないかな。(笑)
ゆうはちゃん:メンバーの間でケンカしたことはありますか?

honokaさん:めっちゃあるよー!!(笑)ケンカっていうか兄弟げんかみたいな!一瞬で仲良くなるけどみたいなのが多い。

hibikiさん:しょっちゅうあるよね、すぐ仲良くなる。

佐藤友祐さん:勝手にキレてる感じ。(笑)

honokaさん:そうそうそう、そういう感じ(笑)
れん:メンバー同士しか知らない秘密はありますか?

hibikiさん:秘密なんかいくらでもあるよね(笑)

mocaさん:言えたら秘密じゃないもんね(笑) なんかあるかな~

佐藤友祐:なおティー(小見山直人さん)が最近パックをしてるくらいかな(笑)

honoka:かわいい〜(笑)

小見山直人さん:秘密にしてへんからな!最近、風呂上がりに毎日パックしてる(照)いままではそういうの嫌やったんやけど、風呂上がりに柔軟しながらついでだからしとこうって。

画像6

ほたるちゃん:メンバー内で決めているルールはありますか?

mocaさん:新幹線の席はくじで決めてる!

hibikiさん:新幹線の席はなんかここが良いっていうのはなくてくじ引いてる。

honokaさん:ABCってあるでしょ?それでB席ってどっちも隣にいるから、B席引いたら「えーっ」ってなるよね。(笑)
ななみちゃん:男女混合のグループでよかったなと思うとき、また辛いときはありますか?

佐藤友祐さん:いいなって思うのは女の子のほうがリアクションとか華やかになるから、こういうインタビューとかは男だけよりかは話が進むからいいかな。辛いところは、価値観が違うところ。

honokaさん:でもそれが勉強になるときもある。男の人ってこう考えてんだ〜とか。

佐藤友祐さん:それでよく僕ら(佐藤さん小見山さん)いい男だねってね!(笑)

honokaさん:そうそうそう、この二人いい男だな!って。(笑)共学みたいな感じ!

佐藤友祐さん:サークルと一緒だよね(笑)

honokaさん:辛いところは、あとは着替えくらいかな〜。

mocaさん:でも最近察して「着替える?」とか言ってくれるよね。

hibikiさん:5年経って慣れてきたんじゃない?(笑)

honokaさん:って感じです(笑)

画像7

(メンバー同士の仲の良さを知ったJKたちは、先日コラボされたDJ KOOさんについても質問!)

ななみちゃん:DJ KOOさんとのコラボはどんな経験になりましたか?

hibikiさん:一緒に番組出させてもらったり、キャンペーンでラジオ局を回らせてもらったりしたんですけど、バラエティの経験値の違いがすごく大きかったです。あと、表向きの面白さとかトーク力以外にも、誰よりも謙虚で、あれだけベテランでビッグアーティストでも、低姿勢な素敵なアーティストだなって、勉強になりました。





普段聴いている音楽について

れんちゃん:普段よく聴く曲はなんですか?

小見山直人さん:洋楽とか、サントラをめっちゃ聴くのにハマってる。最近、めっちゃノリたいときと、普通に音楽聴いてたいときとあるから、それと分けて、ノリたいときは洋楽で、普通に音楽聴きたいときはサントラで分けてるかな。

honokaさん:最近はディズニーのパレードの曲聴いてる。めっちゃ幸せな気分になるね。(笑)

hibikiさん:ちゃんみなかな、最近は。

mocaさん:back numberさんをよく聴いてます。冬になると聴きたくなるんだよね〜

佐藤友祐:ショーン・メンデスとか、チャーリー・プースとか。あとは、「アリー/ スター誕生」って映画知ってる?それの音楽を最近聴いてる。
らなちゃん:高校生のときに助けられた曲はありますか?

佐藤友祐さん:それこそモンパチとかじゃない?

honokaさん:わかる〜!人にやさしくされたとき〜!♪

mocaさん:わたしは清水翔太さんの『HOME』かな〜。

佐藤友祐さん:それこそmocaっぽいよな、小さいときに東京出てきてとか。

mocaさん:そう、東京出てきた時に助けられたなって思う。

佐藤友祐さん:おれ、Da-iCEさんの『せつなくて』って曲は、よく聴いてたなぁ。イントロ聴くとすごい思い出す、一人で汚い家に帰ってたのを(笑)

hibikiさん:サム・スミスさんの『latch』って曲のアコースティックバージョン。

honokaさん:わたしはジャスティン・ビーバーとニッキーの『Beauty And A Beat』。めっちゃ聴いてた!電車とかでもノリながら(笑)

小見山直人さん:おれは高校生の時はちょうどダンス始めたばっかりだったから、ずっと洋楽聴いてた。ずっと必死にブラック・アイド・ピーズとか色んな曲聴いてたかな。特に『ジ・エンド』ってアルバムの三曲目の『ミート・ミー・ハーフウェイ』はめっちゃいい!


画像8



(ここからは11/8(金)〜始まるツアーに向けての予習プレイリストについて聞いてみたよ!)





2019ツアー予習プレイリストについて

らなちゃん:今回のツアーの予習プレイリストの中でおすすめの曲を教えてください!

小見山直人さん:ぼくがライブで思い入れのある曲は『just go!!』かな!これは大事にしていきたい曲だなと思っていて、メンバーで楽しむところもあるし、お客さんもライブで一緒に楽しめる曲かなって思う。lolって笑顔っていう意味もあるし、この曲でlol感が出せるんじゃないかなって思う。

honokaさん:xmas kiss』かな。冬はあんまり好きじゃないんだけど、クリスマスがあることによって冬を楽しめるっていうのがある。クリスマスっていう目標に向かって冬を過ごそうっていう時間がすごく好き。一年に一回しか無いスペシャルなシーズンの曲だから、毎年毎年思い出して積み重ねていきたい。だから、ライブも毎回変えていきたいなって思っています。

佐藤友祐さん:ぼくは『girlfriend』ですね。この曲はミドルテンポのバラードで、自分たちが歳をとっていけばいくほど味がでるというか、一曲の重みが上がっていく。これからも大事にしていきたい。

hibikiさん:アイタイキモチ』かな。冬に結構やる曲なんですけど、毎年思い出が更新される。その時の感情とか思いをガッと一曲の中に閉じ込めて自分の殻に入って結構パフォーマンスするんだけど、『アイタイキモチ』もその中の一曲。今年はどういうふうに自分がパフォーマンスできるのかなって自分の中でも楽しみ。

佐藤友祐さん:アイタイキモチ』はほんとにいい曲。おれたちの歌唱力次第ですね。だからこれからどんどん良くなると思う。

mocaさん:わたしは『like that!! pt.2 feat.さなり』かな。結構わたしたちってガツガツのダンス踊っている曲が多い中で、ダンスもみんなと踊りやすい振り付けになっていたり、みんなの一緒にライブで踊れたらいいなと思います。

――――――――――――――――――――――――――
10月30日から配信になった『like that!! pt.2 feat.さなり』も入った全国15会場で開催の全国ライヴツアー『 lol live tour 2019 -lightning-』間近の予習プレイリストはコチラから!

MVも公開中なのでlol-エルオーエル-のアーティストページからぜひチェックしてね♪
ぜひ、みなさん聴いてみてくださいね!
――――――――――――――――――――――――――


五人の和気あいあい感が感じられたlol-エルオーエル-さん。
今回はなんと!一緒にTikTok動画も撮ってくれました〜!!
「trigger」チームと「like that!!」チームに分かれて二曲も踊ってくれたよ♪
「trigger」チームは佐藤友祐さんと小見山直人さんがレクチャー!

画像9

「like that!!」チームはhonokaさん、hibikiさん、mocaさんが☆
小見山直人さんも画面に映らない横で撮影中に見本を見せてくれていました。やさしい!!!

画像10

完成したTikTok動画はこちら!

☆「trigger」チーム☟

☆「like that!!」チーム☟

TikTokも一緒にできて、幸せな時間となった部員メンバーの笑顔が印象的でした☆

画像11

――――――――――――――――――――――――――
次回、11/10(日) Veats Shibuyaで行われるライブにもLINE MUSIC部のメンバーがお邪魔させていただきます☆
11/8からスタートするlol-エルオーエル-全国ライヴツアー「lol live tour 2019 -lightning-」の詳細はこちら。――――――――――――――――――――――――――





編集後記☆JKの感想は…?


♡ ゆうはちゃん ♡

画像12

今回本人たちの真剣な活動やたくさんのエピソードが聞けて良かったです!自分達も目標を立てて小さなことでも頑張ることが大切だと思いました!ステキなインタビューが出来て良かったです!


♡ れんちゃん ♡ 

画像13

私は、このインタビューを経験させて頂いて、ずっと気になっていたこととか普段聞けないようなこととか、沢山お話しできてすごく良い時間になりました。lolさんとすごく近い距離で話して、メンバー一人一人が親身になって答えてくれたりして下さり、とても濃い時間を過ごすことができました。メンバーの皆さんとTikTok撮ることが出来たのが嬉しかったです!有難うございました!!


♡ ほたるちゃん ♡

画像14

メンバー同士でとても仲が良く、緊張していた私たちまで沢山笑ってインタビューすることができました。今回lolの皆さんの話を聞いて、私も夢を諦めないで、頑張ろうと思いました。


♡ ななみちゃん ♡

画像15

最初はすごく緊張しましたが、lolさんのインタビューが始まって暖かい空気でやることができました。
lolの皆さんはすごく優しくて、これからもずっと応援していきたいです!


♡ らなちゃん ♡

画像16

大好きな方達を目の前にして色んなお話を聞くのはとても緊張しましたがlolの皆さんが楽しい雰囲気を作ってくださってすごく幸せな時間になりました!


以上、「LINE MUSIC 部」によるインタビューでした🎤
次回もお楽しみにっ🐰🐻💗

ズンチャ♫ズンチャ♫
20
緑の会社 "LINE" の定額制音楽聴き放題サービス『LINE MUSIC』の公式note☺アーティスト情報や、キャンペーン等の情報はもちろん🎁スタッフ おにし👩🏻たかってぃ🧒🏻えってぃー👧🏻が気になるあれこれ。ゆる〜くお伝え!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。